Campaign Info

未来の教育についての現実が重い件について

学校で教えてくれない社会知識の量が多すぎるという話が私の中でちょっとした話題になりましたが、実際に学校で教わることの多くが陳腐化されているのはおおよそ間違い無いのは思うところ多き話だと考えています。学習指導にまつわる多くが今なお年単位の教科書更新で教える程度の柔軟性しか無い昨今の学習指導要領なので仕方ない…ではなく、もっと柔軟に昨今の時勢を反映した情報教材での教育が求められており、極端に詰めた話し方に言い換えると「黒板と教科書を使い続けている現行の教育方法そのものが大きく陳腐化している」と言わざるを得ないというところの話になるわけですが…。おおよそ数十年前にマンガ作品なので表現された「未来の教育現場」という世界観は未だに旧来方式が採用されている現実を抱えている現在がちょっと重苦しいと感じる昨今です。いかがお過ごしでしょうか?

丸暗記による詰め込み方式が適している分野というのはかなり限られていると考えているのですが、初等教育および中等教育以降の教育方針はそろそろ巨大な転換期を迎えているのかもしれません。もっとも、その陳腐化著しい「役に立たない教育を必要としている箇所がある」とすれば…それはそれでそちらの方が問題としては著しく巨大な問題なのですが。昨今の学校教育は多くの「教育以外の問題を抱えている」と聞いていますが、そろそろ学校教育を飛び越えて「教育そのものの在り方」は問われているのかもしれません。

[未来の教育についての現実が重い件について]の続きを読む

平成の大派遣時代の終焉に寄せて

非正規労働者の人口が増え続けている現状を抱えつつも、労働力人口が足りていないという現実について矛盾を感じる機会はずいぶんと増えたように思います。これから超高齢化社会を迎えるに当たって労働力人口は確実に右下がり時代に突入するわけですが、現在の労働事情については非常に悲観的な意見を持たざるを得ない状況に陥っているように思います。移民施策を講じるなどと言った方針が議論されているようですが、そもそもの解決策には結びつかないのではないか…それ以前に弊害の方が多いのではないか、などの意見が錯綜しています。

現実問題として労働事情の改善については絶望的な状況が続いており、今後もその状況に大きな変更は無いものと思われます。労働力不足に伴う経済成長の鈍化、所得収入の低下に伴う税収の低下、ひいては増税の連鎖に伴う消費の著しい停滞など…ネガティブな要素のほうが確実に多いという現実を抱えている昨今、派遣時代になにをミスしたのかという事の方が問われるべきことなのではないかと思わずにはいられません。願わくば次の世代には多少なりとも希望的要因を準備しておきたいところですが…世間に吹く風はどこへやら、次の世代に更なるツケを計上しようとしている印象が拭えない状況が引き続き続く様相を晒しています。

[平成の大派遣時代の終焉に寄せて]の続きを読む

シニア・アップデートはまだか?

この超情報社会に生きるに当たってもなお「温故知新」になり得る話は非常に多いのですが、その知識や経験の利用方法は時代の流れに合わせて日々変化を続けている。「温故知新もまた時代に沿って変化している」知識や経験になるわけですが、その情報を以てしても「応用が効かないケース」が後を絶たないとかで、昨今は色々な問題を抱える機会が増えていると聞きます。

「古きを知り、現在を知れば百選危うからず」とはいうものの、現実は「かつてのテンプレ通りの事例が発生する」ケースは非常に稀で、過去の見識もトラブルの事例も日々更新がなされていくものであり…極論としては「過去に学ぶ事例の多くは無駄なこと」などという話に展開が進んでいったりすることもしばしば。人生がそんなにもマニュアルの事例にそった問題ばかりを抱えているわけではないというのに、今なおマニュアル社会のままという現状がなかなか変わらない。このままで良いのか? という疑念が尽きない。

変わる価値観と、変わらない人間とのトラブル談義…まだまだ終わりが見えない様相。

[シニア・アップデートはまだか?]の続きを読む

疲弊するアニメ界隈に憂鬱

アニメ界隈が疲弊しているという話は、昨今のブラックな事実として受け止められている…はずなのですが。3ヶ月枠の放送本数はまだまだ増加傾向で、作る方も大変なのに見る方も大変という変な矛盾に苛まれる日々が続いています。ただ純粋にアニメ作品を楽しみたいだけなのに、時間と話題性を気にしすぎたあまりに埋もれていってしまう作品は…昨今非常に増えてきてしまったのではないかと思います。

アニメ作品が日本の文化なら、アニメ制作の黒い部分も日本の文化なのか…? など、いたたましい声が消えることが無いのですが、それでも非情なまでに次のクール分のアニメ作品の予定が出て、採算性よりも時事的な話題性が重視される昨今の作品事情がなかなか変わることが無く…消費する側もまた流されるがままにそれらを頬張る日々が続くわけでして。

今、いろんなところで「どうすれば制作側も視聴側も幸せになれる作品サイクルができあがるか?」という関係の話題が定期的に持ち上がっています。

[疲弊するアニメ界隈に憂鬱]の続きを読む


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link