Campaign Info

無知が危険を冒す時代が来るか否か

知らないことについてのリスクについて、もっと考えなくてはならない。知らないことによって被るリスクや損害はこれからもっと増えるんじゃないか、昨今のニュースから受けた衝撃は危機感を募らせるに充分な事件であり警鐘を鳴らすには充分な出来事だと考えているのですが、実際のところはどう認識されているのでしょうか? これからきっと「知らなかったでは済まない」という事案が増えてくるものと思われ、未然阻止のための危機管理やら何やらが非常に重要度を増してくる時代になってくると思うのです。

気になる部分としては…情報共有のさじ加減の問題があるかと思います。機密とか個人情報とか、情報利用の範囲の問題とか。これらについてはいろいろ流動的解釈の問題などもあり常に気にしておく必要がありそうですが、その情報利用範囲や守秘にまつわる秘匿の話とかは…意外と知られていない部分のように思います。私たちは「知ると知らないの矛盾の社会」に生きているのかもしれません。それでも私たちは知ることと学ぶことを生涯止めてはいけないわけで、超情報時代という昨今の潮流は文字通りの「生涯学習」を強要している時代なのかもしれません。

つまり何を表現したいかといいますと…面倒くさいとかそういう理由で学ぶことを放棄しないで欲しい、ということを訴えたいわけです。

[無知が危険を冒す時代が来るか否か]の続きを読む

報道メディアの信用不振についての考察

最近、ネット界隈のいろんなシーンでニュースの事についての会話をする機会が増えました。ただ、ニュースの内容について意見交換したり感想についての論議とかは随分減ってしまい、代わりにニュースの信憑性や信用度についての意見交換の機会が増えてしまい…記事の信用を確かめるための意見交換機会ばかりが今なお右上がりの状態になりました。確証ある情報の発信こそがメディアの信条だと思っていたのですが、どうやらそういうものは迷信の類になってしまっていたとかそういう話のようで…もはやメディアは何のために存在しているのかとかそういう話になってきつつあるように思います。

ネットに流布する適当な面白い話題をピックアップして放送電波に乗せる程度の仕事しかしないのであれば報道メディアが放送局を持ったり介したりする必要性は感じられないわけで、業務の怠慢化が著しいのかそもそもそういう信条は存在しなかったのか。玉石混交のネットメディアを鵜呑みレベルで垂れ流す程度の情報メディアにまで退化してしまっていたとしたら、もはやテレビメディアはただの映像ディスプレイになってしまうのではないか…などなど。

報道は冷静かつ淡々と事実を追いかけていくものというのは過去の遺物になり、ただの広告メディアになってしまっているのであれば…テレビの電波帯域やら何やらはもっと別の用途に役立つのでは無いかとかいろいろ勘ぐってしまいます。私たち視聴者が欲しいのは客観的事実の情報であり、お茶の間向けの茶番劇ではない

[報道メディアの信用不振についての考察]の続きを読む


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link