Campaign Info

ニュースへの意見を発信したい

このフェイクに満ちた昨今のニュースやSNS界隈には、それを推し量る情報が少ないという現実を抱えています。フェイクを流してでも肯定を強いたい層のアプローチというのはかなり強引なアプローチが多く、「意図的でいいから混乱を引き起こしたい」という意図が見え隠れしています。フェイクに煽動される確率を減らすためにも、私たちはもっとニュースに対す「具体的な回答と対案」などについて…もっと言葉を連ねる必要があると考えています。それが正しいものか間違っているものかは一概に判断に迷う部分であるものの、「判断材料のひとつ」として「ニュースを見た個人の意見」として発信する必要があるのではないかと考えている次第です。

その行為は無意味なもののようにも見えるかもしれませんが、対話が対話を呼ぶための環境作りというのは「議論の羅列」でしか作れないのではないかと考えています。これに「意見を咀嚼し分析する技術」が加わればなお良いのですが、中立的主観でもって対立意見を総合分析するのは極めて難しいことで…

この自身の持論については色々と思うフシがあるのですが、明言できるのは「意見を発信することには重要性がある」ということ。燃えない意見は無いとは云いますが、炎上を恐れて言葉が封殺されることの方が問題となる場合が多いような気もするのも事実かと思ったりします。

[ニュースへの意見を発信したい]の続きを読む

妄言曰く燃えよフェイク

Twitterで流れてくる情報、どのくらい信じますか? どのくらい疑ってかかりますか? そのニュース情報、どのくらい鵜呑みにしますか? とかく昨今のフェイク事情が半端なく厄介な事案を多数牽引してくるという事情があり、当該部署の人はいろいろと苦労しているという話をあちこちで聞きます。「鵜呑み情報を信じるな」とはいえ、初期情報は信憑性を計る要素が少なくて取捨択一の難しい話でもあるので…一概にどれを信じてどれを信じるなと言うのはなかなか難しい話だったりします。

リアルを疑う割にネットのデタラメを信じる人というのは、実は一定数確実にいたりします。某掲示板で流布した情報を信じてトラブルを発声させた事例は結構多かったような気もしますが、参加母数がそれなりに限られていた都合で大きく取りあげられなかったりもしたのですが、昨今のSNS事情は老若男女幅広く参加している都合…その母数が半端なく大きく、巨大な問題を引き起こすこともあります。ウソのようなホントの話で、過去に「スマホをレンジでチンした」というデマに釣られた人は…実はかなりの数いたという話はなかなか信じたくない現実だったりします。

[妄言曰く燃えよフェイク]の続きを読む

ストレージ狂想曲と、昨今のデータ事情

HDDの容量がまだギガバイト単位だったころは、ストレージ維持のために交換する機会が多かった…と記憶しています。500GBくらいのHDDが定期的に満載状態になり、交換や拡張などを繰り広げることはわりと日常的な事だったのですが…それもまた、今や昔。現在のパソコンのハコにおちついておおよそ2年ですが、昨今はクラウドストレージの恩恵などが大きくなり…HDDの換装数量はずいぶんすっきりしました。この間にもHDDの大容量化は続き、今は4個分のHDDベイはガラガラに近い状態です。

その間に最も変わったのが…HDDの利用比率の変化。一時期はテレビチューナーをパソコンに繋いでいた都合で録画データの扱いに随分苦慮していたのですが、昨今すっかりテレビを見る機会が無くなりまして。動画データをごっそり抜き取ってみると…HDD3個分の空き容量が生まれるというなかなかヘビーな話が出てきまして、現在に至ります。昨今、動画関係の視聴はおおよそネット配信サービスなどを使うことが増え、ローカルに大量のデータをストックする必要性が大幅になくなってしまったことが大きな要因になりました。

年末の大掃除シーズンに、HDDの中身もチェックしてみてはどうでしょう? もしかしたら、HDDがメタボになってるかもしれませんよ…?

[ストレージ狂想曲と、昨今のデータ事情]の続きを読む

ツイートよりもブログを書け?

140文字のツイートをちまちま書くよりも、ブログに3000文字くらいの記事をガンガン綴っていった方が良いのではないか? そんなことを考えながらブログ記事を書くことがあります。Twitterのツイートは一瞬で流れてしまうし、特に拾われて拡散されるわけでもないし、何より140文字って少ない感じがひしひしするからブログに3000文字くらい放り込んだ方が生産的になれるんじゃないか? とか、根拠無きことを考えながら綴っている方が…実は楽しかったりします。さすがに通勤電車で3000文字をツイート代わりに書き出すのはいささか骨折りですが…書きたいことを芋づる方式でTwitterに綴るよりも、一本の記事として3000文字くらいにまとめ上げた方が読みやすくなるかもしれないし? もっとニュアンスが伝わるんじゃないか? などなど…これらには、まったく根拠みたいなものはありません

キーボードでものすごい勢いで文字列をたたき出すのが得意な世代…ちょっと年齢を召した世代になると、デスクトップに座ったときの生産イメージがすごくて3000文字くらいを30分くらいでたたき出すという荒技の持ち主が結構いたりします。今のスマホ世代だと3000文字はスマホのフリック入力なんでしょうが、要は適度に集中力の整う環境で綴る文字列の熱量は結構効率よく叩き出せるという話であり…内容はわりとどうでも良いことをつらつらと綴っていたりします。なんというか、打鍵感を楽しんでいるというか何というか。

このブログをTwitterのかわりに使うことをイメージしつつ、30分くらいで思ったことを綴る習慣などをつけたいなって思っているところです。どうでも良いですが。

[ツイートよりもブログを書け?]の続きを読む

スマホと相性の良い読書癖

先日のサイバーマンデーで大量にKindle本を買い漁って人も多いのではないでしょうか? あなたのクラウド本棚は溢れかえっていませんか? 私は絶賛「積み」モードで、現在消化の時間と体力との捻出に悩んでいるところです。購入後1年くらい触れてない特価本などがごっそり溜まっており、そろそろしっかり向き合う時期に差し掛かっているところで…読むことに対しての計画性について考えています。…何故なら、タイムセールは待ってくれないから溜まるタイミングによっては膨大な物量がクラウド書庫に放り込まれるという問題、ちゃんと向き合わなくてはいけません。

大型化を果たしたスマホの一般化によって、書庫の持ち歩きは非常に便利かつ快適なものになりつつあります。大きいものは6インチくらいのものもあり、それが昨今ではかなり一般化しています。ストレージの許す限りの本を放り込んで、スキマ時間に読み漁る…楽しい時間でもありますが、昨今は溜まってしまった物量にちょっと後悔を伴う機会も増えていますが…。現在、ライトノベルなどを中心に読み物系を読み進めているところです。

最近読んだ本、何ですか? 最近読んだ本で面白かったのは…色々ありますが、やはり「ダンジョン飯」でしょうか? ここしばらくで「飯マンガ」をかなり買った記憶が…

[スマホと相性の良い読書癖]の続きを読む

情報時代の脅威について

アメリカの中国HUAWEI排除の動きについて色々と困惑する機会も多いかと思う昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか? 日本でもHUAWEI排除に準拠する動きが出てきて色々と思うフシはあるのですが、今は国家単位の動きを静観していた方が良いように思います。魅力値の高いスマホ端末などを多くリリースしてきていた同メーカーの商品が消えていくかもしれないというのはちょっと感じるものがあるのですが…今後この流れの影響はしばらく続きそうに思います。

背景にあるのは中国という「国家介入の可能性」であり、「重大な危機的事案」という話みたいですが…これが何を意味するのか。単純に世界規模で有名になった情報端末が世界中から中国への情報流出幇助のツールになったらどうするか…という話であり、それが何を意味するかというと「機密戦争」という巨大なスパイ大作戦という話であり…というのが現アメリカ政権の主張。トンデモな話のように聞こえるのですが、その理屈はおおよそ間違っていないので…もしかしたら私たちは世界規模の情報戦争を目撃しているのかもしれません。

これを信じるか否かはさておきとして、この情報技術戦線は世界の勢力図をいろいろと狂わせる方向に動き出す可能性は充分にあり否定できない部分であり、情報セキュリティ分野に於ける「問われる部分」でもあるわけで。この難しい潮流は今後の時代に争乱のタネを蒔くことになる可能性を大いにはらんでおり、今後の各国の対応が気になるところです。

[情報時代の脅威について]の続きを読む

スクールアイドルは人生を変えるか

時代がカリスマや牽引力を求めるといわれる昨今ですが、もし「スクールアイドル」という存在が現実に居たとしたら…花の高校生活は変わるか否か、そんなことを考えていました。そんな12月10日は、スクールアイドルのセンター役こと新田恵海さんの誕生日だった…という話。察しの良い方なら気付くと思うのですが…架空世界の別の時間軸の話であり、ラブライブ!に端を発するお話です。もし、スクールアイドルというものが社会一般に認知され、ある一定の社会的認知度を得たとしたら…個人の人生や社会に対してどんな影響を与えることが出来るだろうか?

夢と妄想の与太話的な話ではあるものの、人生のベクトルを大きく左右する高校時代において「何かを発信するエネルギー」というものは非常に大きな意味を持つモノと考えています。それは一過性の目標であるかもしれないし、今後を左右する大きな決断という意味で重要なポジションを占めるものになるかもしれない…理由はどうあれ、「大きな決断を実行に移す」というプロセスを「共有できる仲間と追いかける」という一連の行動は、そこから先の人生についての大きな岐路になり、人生の価値観を高める有意義な時間を得る機会になるかもしれない…という話を熱弁したかったわけです。

[スクールアイドルは人生を変えるか]の続きを読む

平成の大派遣時代の終焉に寄せて

非正規労働者の人口が増え続けている現状を抱えつつも、労働力人口が足りていないという現実について矛盾を感じる機会はずいぶんと増えたように思います。これから超高齢化社会を迎えるに当たって労働力人口は確実に右下がり時代に突入するわけですが、現在の労働事情については非常に悲観的な意見を持たざるを得ない状況に陥っているように思います。移民施策を講じるなどと言った方針が議論されているようですが、そもそもの解決策には結びつかないのではないか…それ以前に弊害の方が多いのではないか、などの意見が錯綜しています。

現実問題として労働事情の改善については絶望的な状況が続いており、今後もその状況に大きな変更は無いものと思われます。労働力不足に伴う経済成長の鈍化、所得収入の低下に伴う税収の低下、ひいては増税の連鎖に伴う消費の著しい停滞など…ネガティブな要素のほうが確実に多いという現実を抱えている昨今、派遣時代になにをミスしたのかという事の方が問われるべきことなのではないかと思わずにはいられません。願わくば次の世代には多少なりとも希望的要因を準備しておきたいところですが…世間に吹く風はどこへやら、次の世代に更なるツケを計上しようとしている印象が拭えない状況が引き続き続く様相を晒しています。

[平成の大派遣時代の終焉に寄せて]の続きを読む

Twitterに疲れる人が急増?

今や情報発信のツールとして一定の定着を見せているTwitterですが、昨今は「Twitter疲れ」ともいえるような症状を発症し…Twitter界隈を去って行くという事態がその一角で発生しているらしい、と聞きます。今やSNSのなかでも非常に巨大なネットワークを形成してしまったTwitterというサービス、参加者が増えすぎてトラブル急増という話は枚挙に暇がないというくらいで…ここ1~2年くらいの間に急速に「疲れてしまった人を量産している」らしいです。

理由は不明な部分が多いですが、昨今の参加者会話を斜め読みしてみる限り…コミュニケーショントラブルが頻発している印象を受けました。交流を基礎としているサービス上で多発しているという交流のトラブル、交流困難な状況は拡大しつつあるそうで…今後の同サービスの行方が気になるところです。

そろそろ体をなさずして瓦解してしまいそうなユーザートラブルを抱えているらしいTwitterというサービス、今後はどうなってしまうのか…気になるところではあります。

[Twitterに疲れる人が急増?]の続きを読む


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link