Campaign Info

「軽作業」は基本的にきつい

求人情報の短期の案件が結構賑わう時期ですが、その多くが「軽作業」という名の「重労働」であることが多いために…なかなかサイドワークという選択ができないという中の人の案件事情です。年末年始、正月三が日、即日日払いなど、この時期は特別手当的なモノが付くことも有り、稼ぎたいという意思一つで結構フトコロ事情を改善してくれる案件だったりするのですが、超多忙な時期の応援要員ということもあって非常にハードワークであることが多いです。

その多くの案件が、求人誌では「軽作業」と記載されていることが要注意です。軽作業は業種によって基準が違うことがほとんどで、特に「工場内軽作業」は非常にわかりにくいので注意が必要です。時間に余力があれば事前見学や情報チェックなどが必須になりそうです。この時期に多く募集の係るのは「販売・プロモ」や「物流」、「工場内作業」が多いようです。年末年始の販売や物流支援という作業の多くは「軽作業」の名前の割に「軽度では無い」というのが実情のようです。

AD Link

中の人は今までいろんな仕事を転々として回っていましたが、昨今で一番ハードだったのは「年末年始の物流」で、その中でも「外食産業向けの供給物流」が一番きつかったように思います。配送系の物流は正月三が日はお休みを充てるケースが多いのですが、コンビニなどの年中無休店舗への供給および三が日の需要が非常に高い外食系店舗への供給物流は、この時期のなかでは突出してハードになります。

物流の荷物の単位はだいたいダンボール箱単位ですが、その中身によって重量が激しく変動します。小売り向けの物品には本当に軽量な単位の箱が結構多かったりするのですが、外食向けの箱は基本的にボリュームが段違いに高いです。また、常温物資冷凍物資によって重量も違い、冷凍物資を扱う場合は冷凍庫内での重量物運搬がメインになってくるので、さらに体力的消耗が激しくなってきます。これだけ書くと「軽作業」という触れ込みが詐欺っぽく聞こえてきますが、仕事カテゴリとしては「仕分け」であり、カテゴリ的には「軽作業」というカテゴリに属することが多いのが実情のようで、実際に現場に行ってみて「話が違う!」とその日のうちに退散を決め込まれるケースが後を絶たないとかそうでないとか。

配送業者の仕分けも、軽量物と重量物の差は激しいです。メール便から大型家電に至るまで、集荷された荷物の重量や大きさは千差万別ですが、年末年始に集荷・発送されるものの多くは「ギフト商品」(取り扱い注意品)で有ることが多いので、軽量物とはいえ取り扱いに際してのストレス指数は非常に高いです。また、年末商戦の発送便が集中する時期でもあり、長時間業務になることも多々あり、それはそれでハードな仕事です。

「軽い仕事」だと?

派遣会社の担当の人が正月手当と称して缶コーヒーを奢ってくれたので「まさかこれが手当業務分か!?」と思ったりもしましたが、そのときはちゃんと追加手当が日数分でいくらか出ました。

今年はどこでどんな仕事があるかはまだ未定ですが、とりあえず不人気な物流系軽作業のお仕事が優先的に舞い込んできそうという予想です。中の人は仕事マンとしてはどんな業務も挑戦する所存ですが、とりあえず「当日に突然逃亡する人」が同席しないことを願うばかりです…これに関してはわりと切実なので。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link