Campaign Info

「話にならない」という話

中の人の職場で、ちょっと大きなトラブルがあった。その理由は本当にどうでも良いような理由が発端だったのですが、気がつけばわりと大事に至る事態になっていて正直なところ血の気が引いた。これまでにも定期的に各部署の各区画でトラブルが発生していたりするのですが、どれもどうでも良いような理由が発端だった。小さな発端だったけど、火がついたら大爆発だった…と形容するのが妥当かもしれない。まあ、可燃物に火が引火した時点で爆発は確定事項なのですが、その辺の細かい理由はそもそもどうでも良いものである。

気がつけば職場でトラブル対応やらクレーム応対などをやっていたりする中の人、多くの事案で「どうでも良いことが発端で事件が起きる」などの遭遇機会が増えてきて辟易としています。喧嘩・暴力・騒動の類いの多くが「どうでも良いことで炎上している」事案だったので、統計は取りたくないと思うようになった…とかいうそんな話。

AD Link

問題となった事案の発端そのものを書くことは出来ないので、大まかなイメージで。本当にどうでもいい理由が発端で喧嘩沙汰が起きたとかそういうことがありました。たとえるなら、同じ弁当の漬け物の数が違うからという理由で一大訴訟を起こしたとかそういうレベルの話です。本当に部外者だったらどうでもいいで片付けるであろうようなことで大揉め、だったので…本当に「犬も食わない」といいますが、食べたら死ぬとかそういうレベル最近、業務間に於ける「不毛なトラブル応対」に追われる機会が増えてきて、目のハイライトが消えてしまいそうな精神状況が続いています。

つまんねー理由については…察して欲しい割とガチでマジで。

彼ら問題の発端部分の方々に関していえば「まったく話にならない」で共通しているようにも思う。他人の話を聞かない、自己主張を通すまで話すことをやめない、会話を遮断する、怒鳴る・わめく・暴れる…など、基本的に外的な応対要求に一切応じようとしない。本当に読んで字の如くの「話にならない」なので本当に厄介だったりする。沸点の低くなった人を物理に訴えることなく抑え込むのは本当に精神的重労働なので、今後今の職場がこういうトラブル続発状況が続くと…分厚い離職届を書かなくてはならないという話になってくるので本当に何とかなって欲しい。

話を聞かない人たちなので、話の進展が全くといって良いほど無い。打開策が出ない(出さない)、主張だけはしっかりするけど耳は貸さないなど、基本的に解決しようという気持ちが見えない。主張だけがデカく、要求ばかり多いなど、大なり小なり昨今ではこういう状況がたくさん転がっているように思う。個人取引から国際問題まで、本当にたくさんの不毛と不条理が転がっているとか、そういうイメージ。

まあ、職場で起きた問題は有耶無耶になって消沈したのですが…火消しに当たる羽目になった私の労力までも有耶無耶になってしまったので、今日は癒やしが欲しくて仕方ないという心境。世の中にはこんなにも不毛と不条理であふれかえっているのかというやるせない気持ちを噛みしめながら、最近起きたご近所のトラブル対策の書類なんか作っていると…社会は引きこもりを増産させる仕組みでも作っているのではないかと勘ぐってしまいたくなる、そんな話。…いや、人と話しているとストレスで死ぬとか、そういう話になってくるくらいの闇を見た気がした。

たぶん、どうでも良い話をお互いに真摯にやっていければ幸せになれるんじゃないかとかそういう話なんでしょうが、それが永遠の無理ゲーになってきている気がして辛い。明日はどっちだ。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link