Campaign Info

妄言曰く燃えよフェイク

Twitterで流れてくる情報、どのくらい信じますか? どのくらい疑ってかかりますか? そのニュース情報、どのくらい鵜呑みにしますか? とかく昨今のフェイク事情が半端なく厄介な事案を多数牽引してくるという事情があり、当該部署の人はいろいろと苦労しているという話をあちこちで聞きます。「鵜呑み情報を信じるな」とはいえ、初期情報は信憑性を計る要素が少なくて取捨択一の難しい話でもあるので…一概にどれを信じてどれを信じるなと言うのはなかなか難しい話だったりします。

リアルを疑う割にネットのデタラメを信じる人というのは、実は一定数確実にいたりします。某掲示板で流布した情報を信じてトラブルを発声させた事例は結構多かったような気もしますが、参加母数がそれなりに限られていた都合で大きく取りあげられなかったりもしたのですが、昨今のSNS事情は老若男女幅広く参加している都合…その母数が半端なく大きく、巨大な問題を引き起こすこともあります。ウソのようなホントの話で、過去に「スマホをレンジでチンした」というデマに釣られた人は…実はかなりの数いたという話はなかなか信じたくない現実だったりします。

AD Link

有名なデマニュースのひとつに「スマホをレンジでチンすると充電できる」というデマが流れたことがありますが、馬鹿馬鹿しいと思いつつも実践した人が実は一定数いて…Twitter界隈を騒がせた事案がありました。非接触充電技術というの技術的なツールはあったりしたのですが、レンジでチンとは何の関連も関係も無い話。それなのに信じてレンジに放り込んでスマホを爆散させたという報告がそれなりにたくさん報告に上がってしまったという話があり…以後「フェイクニュースを信じないように!」という教訓をばらまいたハズなのですが、喉元過ぎればナントやら。

昨今はフェイクニュースのフェイクなんていうモノまで流布している関係で本当に疑心暗鬼を刺激されるという事案が多々あるのですが…ちょっと深く考えれば解りそうなフェイクにも未だに一定数釣られる人がいるという事実は、なかなか信じがたいものがあります。

フェイクニュースの発信元にどのような思惑があるのかは知る由もありませんが、厄介なのは「フェイクの一人歩き」という事案があるということ。これに関しては発信元の予測を大幅に超える事態に発展することもあり、予期せぬ惨劇に至ったりすることもあります。フェイクニュースとリアルニュースが交錯し、事件や暴動に発展したという事例も…海外のSNSにて上がっていたというのを見たことがあります。SNSの拡散性でもって事態が極端に悪化するケースは知らないだけでもかなりあり、デマがデマを誘発し暴発状態に至るケースはすでに海外では報告事例があるくらい。

国内でも、災害便乗デマニュースというのが実は多数報告に上がっていたりします。東日本大震災の際にもその事例が複数報告に上がっていたことはまだ記憶に新しい話で、善意に紛れて拡散された悪意の被害を被った人も多いという話。ここまで来るとSNS恐怖症になりそうな気もします。しかし、昨今の情報収集に於いてSNSの存在は切っても切れない関係である都合…SNSとのつきあい方については考え直すべきところも多くあるのかもしれません。

予測されそうであるデマやフェイクの回避術はあるのか…というと事実上その類の回避術はなく、個々の判断などに委ねられてしまう部分。それに依存してしまっているという事実は実は割と危険な話で、一定数の「簡単にだまされてしまう層」を朱色に染めてしまう危険の伴う部分でもあります。これらを機械的に排除する術というのも事実上無く、ここが予防学的に防衛策を講じる以外に無いという現実も結構重い課題だったりします。SNS世代の結構な母数の人々が「ネット上の情報=信用に値する集合知」という認識であるケースが多く、早急に学習判断力に訴える情報能力の開発が課題になっていますが…。

どれを信じどれを疑うか…という取捨選択能力がこれからのネット時代に生きるための生存戦略になることはおおよそ間違い無い話ですが、そもそも流布する情報に正義も悪意もなく…それは単純な情報の塊であるという事実があります。人の価値観や判断基準等によって情報の属性は変化するため、一概に「どれを排除すれば良いか」や「どの情報を拡散すれば良いか」というのは本当に曖昧な基準でしかありません。「正義や悪意」も「良心も悪意」も基準がバラバラなので、その判断基準すらも鵜呑みにしてはいけないというジレンマもあります。SNSは本来社会的交流を楽しむための空間ではありますが、そこに散乱する「意図的な悪意」についての意見交換などは…日々気にしながら生活する必要があると考えています。

私たちは、生きるための学習を止めるわけにはいかない安穏とした日々を享受するためにも、日々の学習は必要である。

 

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link