Campaign Info

年賀状の未来予想図

もう年賀状は出しましたか? という案内がメールで届くあたりに時代の流れのようなものを感じてしまう昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか? 情報端末の所有が一般化した昨今、年末年始の挨拶はメールで済まされるようになって久しく感じますが、最近はそのメールすら面倒くさく感じられるのか、SNSのメッセージなどで済まされるケースも急激に増えてきているとか何というか。そういえば、中の人も昨今はずっと年賀状というものを買っていない気がします。来年の干支がすぐに出てこないくらいに長いこと出してない気がします。

ネット時代に突入し、ブロードバンドの恩恵を全身に受けつつ、日々のお仕事はメールでの受発注、そんな時代にポスティングメールはやはりメールなのかなっていう気もするのですが、年賀状は今なお姿を変えることなく現在に至っているように思います。時代錯誤感すら感じることもありますが、やはり年始の挨拶というのはそれだけ大事にされてきたんだろうなっていう思いだけが胸の中にフワフワと漂っています。

AD Link

主にネット経由で知り合った・親しくなった間柄の友人に対して、年賀状を送るという慣習が無いような気がします。というのも、ネットで知り合った友人や、ネットでのみ仕事を受発注する間柄の方々の多くは、リアルの間柄のことを全然知らないケースが多いのです。パソコンのメールアドレスは知ってる、かろうじてケータイの番号は知っている程度の情報しか持ち合わせてなく、必然的に年賀状は送れずじまいというケースがここ数年続きました。特に個人情報保護が言われるようになってからはその辺の情報収集に躊躇するケースも増えてきたのか、昨今知り合った業務関係の知人は名刺に住所とかが記載されていない限りは年賀状は送る機会が無いのが実情です。「挨拶なんだから、メールで充分でしょう?」っていうケースも珍しくないことに。

年賀状の販売数も年々伸び悩み状態が続いているとかそんな話を聞きますが、法人発個人のダイレクトメール兼務の年賀状くらいしか昨今は受け取ってもない気がします。特に幼少期からネットに慣れ親しんだ世代だと「年賀状1枚に係るお金がもったいないからメールでいいよね?」っていうケースもあるとか無いとか。

紙の年賀状はやはり淘汰されていく宿命なのかなっていう寂しさみたいな感情がもやもやと胸の中で。まあメールだったら送信後すぐに受け取れるし…そんな速達性のある電子メール世代な中の人も最近はすっかりメールで年始の挨拶を済ませるという状況に。。。

せこい話で恐縮ですが、年賀状といえば「お年玉抽選番号つきのはがき」は結構気にしているのですが…これも「お年玉抽選番号付きシリアルメール」とかにすれば…とか考えてしまったりすることがあるのですが、郵便局の中の人はどんなことを思いながら年賀状配達をしているんでしょうかね? ちょっと気になります。今年も残すところ、あとわずか。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link