Campaign Info

あきそらにかえて

久々にコミックをイッキ読みしました、「あきそら」というタイトルを覚えているでしょうか? 一時期話題をかっさらったタイトルなんですが。話題になりすぎて一時期配信版が停止になるという話題もあったのですが…昨今Kindle版で読む機会がありまして、改めて最初から読み返してみました。揉めてからの一連の記憶が無かったので…途中からどんな話か忘れていましたが、完結していたという話は以前聞いていたので読み返しも含めて読み直すことに。

わりと…今読んでも衝撃度高かったです。終盤の話が本当に急展開だったのでかなり驚きでしたが…ちょっと余談になりますが、最終巻の後書きの部分で何となく「重なる部分」があったのかなって思って、何となく結末の締めに納得しました。終わり方としては複雑な気持ちを残す部類に入るかと思いますが、こういうストーリーなのかなって思いました。本当はもっと違うカタチのエンディングがあったのかもしれませんが…。

最初の印象から…最終話の印象でかなり印象は変わると思いますが、一番衝撃を受けたのは…これが出版されていた出版元のほうかもしれませんが。

AD Link

もう10年くらい前になるんでしょうか…連載されていたのは。この作品で扱われているテーマは無論恋愛ですが、性的表現が多いことでも知られていましたが…もうひとつのテーマは「近親相姦」でした。いわば「恋愛の禁忌」的なものを表現したかったのではないかと思われる作品でしたが、この作品そのものは事実上の絶版作品になっています都条例の兼ね合いから最終回を急がされたという話もあったようで…作品そのものが禁忌扱いされてしまうという不遇な作品になってしまった感じでもありまして。表現上の都合で性的な表現が多用されていたというのでやり玉に挙げられていたようですが…表現を取り巻く周辺環境の方が都合主義の関係で作品が急失速を余儀なくされるという事例みたいになってしまった部分も感じられ、何となくモヤモヤ感がありましたが…全話を読み通すことにあたってなんとなく汲み取るに至りました。

表向きは「一般紙でエロスな恋愛マンガ」であり、核心部分は「近親相姦的な恋愛表現作品」という…なかなか挑戦的な作品でしたが、別の規制機関が動いてしまったという話。不健全の定義って…何でしょうね?

表現規制の一連の流れからKindle版の配信は止まっていたのですが、昨今こっそり復活していました。カテゴリがアダルトコミック扱いになっており、出版元が変更になっていましたが…そのおかげで配信再開に至ったのかもしれません。…アダルト指定が入っていれば表現規制でも何とかなるのか、と思うと「当時の規制議論とはなんだったのか?」みたいなやるせない気持ちになってしまうのですが…そこに至るまでの裏事情は結構重いものと聞いています。あの頃モヤモヤして、当時なぜかプレミア価格で流通していたりして別の意味でもモヤモヤした作品…今やっと読み終えることが出来ます。

もっと長い話になっていたのかもしれないこの作品は…全6巻で完結しています。結構エンディングがモヤモヤした感じだったのですが、時期的な話とストーリー構成的なものを考えれば…最短でキレイにまとめる展開だったのじゃないかと思います。ストーリーそのものは題材特有の問題もあって終盤で急激に重い話になるのですが、その部分関しては…わりと納得のいく結果で終わっていると思います。…初期のセッ○スまみれな緩い展開はどこ行った? みたいな話ですが、それはそれですよっていう話。

性にまつわる諸問題はおろか、性的表現にまつわる表現規制の問題は今も深刻なくらいに暗黒面として横たわっている現状があるといいますが。性教育も性的倫理の教育もお茶を濁す程度にしか取り扱っていない昨今の社会事情を汲み取る上ではこの作品の存在そのものが結構大きな意味合いを持っているんじゃないかと推測されるのですが…都条例の一連の流れで有耶無耶にされた一件で何となく記憶の片隅に置かれていたのですが、改めて読み直すと…恋愛感情と血縁関係のジレンマのような表現は、架空ドラマの上での表現はあってもいいように思います。まあセッ○ス描写多いですが、それはそれとして禁忌にフタをし続けるだけでは駄目なことがあって…そのテーマを取り上げて作品にするという一連の話は、数年の年月を経てなんとかその意味合いを示せるものになったのではないか…などと勝手に思っています。終盤の家族描写の一連の流れは、特有の重さの中にもメッセージ性を感じた次第です。

変わらない、「想う気持ち」と。
変わらない、「表現規制の問題」と。

伝わらなくて良いものまで伝わった作品だった、そんな印象を受けながら。当時どのような経緯がありやりとりがあり現状に至ったというのはもう当事者以外には記憶の薄れてしまっている話かもしれませんが、敢えていろいろな世代に読んで欲しい作品だったりします。恋愛とか絆とか…セッ○ス多めですが、愛のカタチとか。あと、恋愛に伴う関係維持とか責任とか、果ては周囲の関係性だとか。最初は「そういう作品かな?」くらいの感覚で読み始めた作品でしたが…見事にその裏のメッセージ性に「釣られた」カタチになりました。

…で、表現規制して誰の利益になったのか? という話。それとは別に興味のある話になり、今後ちょっとだけ接触を強めていったという中の人の話は…またそれとは全然別のベクトルの関係のない話。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link