Campaign Info

日本語が通じない日本社会がやって来る

昨今の日本国内で「日本語が通じないワンシーンが増えてくる」という噂話がありますが、それはおおよそ的を射ている発言であると考えています。移民受け入れにまつわる問題はその一端を担うフラグであり、日本国内に半強制的な国際社会化の潮流を生みかねないこの流れは…とりわけ英語理解力の著しく低い日本に於いてはわりと死活問題に繋がる可能性を秘めている部分ではないかと推測しています。アジア圏からの移民流入が多いと言われていますが、アジア圏には母国語の他に英語を標準的に学ぶ国が実は結構あって…母国語が通じない際には英語を使用することがあるといいますが、その英語が通じないという話だそうで。…日本に於ける英語の筆記および会話の習熟率は本当に乾いた笑いが出るくらいの数値であることは多くで知られており、このコミュニケーション不足は密かに問題視されているのですが…。

コンビニで見かける機会が増えた外国人労働者の日本語は…片言ではあるものの意思疎通するのに必要なくらいのやりとりは成立しています。世界屈指の「習得困難言語」である日本語が、日本に生きる外国人たちに習得されつつあることは…日本に住む日本人としてはありがたい限りでもあるのですが、本当に彼らの頑張りの恩恵だけを見ていて良いんだろうか? という不安に駆られる時があります。それは、日本人同士による日本語による会話に「意思疎通が無い」ケースが増えてきたということであり、日本語の危機ではないかという暗のメッセージを感じずには居られないシーンが増えてきたことは…これからの日本社会に深い闇を落としかねない事案ではないかという不安です。

AD Link

日本から日本語が消えてしまう時代が来るか否か…という題材の議論がジョークのひとつであれば良いのですが、移民受け入れの流れはそれを冗談話にはしてくれないというフラグになりつつあるといいます。彼らはプライベートの時間には普通に彼らの母国語を使うわけであり、仕事以外のシーンでは必要に迫られない限りは慣れ親しんだ母国語を使います。日本に住むからと云って日本語に縛られる必要は微塵に無いので、彼らは必要で無ければ普通に母国語を使います。日本というガラパゴスな島国に於いて「日本語以外の言語会話」は割と戸惑いを覚えるシーンなのですが、そんな国内の「戸惑うシーンがころがっていたら」どうなるか? という話。

日本人のかなりの数の人が「日本から出ることがない」と言われていますが、その回答はやはり各種語学力が提示しているように思います。多くの日本人にとって海外旅行はわりと手の届かない存在であり、ハードルの高い嗜みのひとつと思う次第で、語学や海外文化などに触れる機会の無い人の多くはおおよそ国内から外に出ることは無い…意思疎通の出来ない社会へ行くことはある種の恐怖体験であり、母国語以外の言語に馴染みにくいと言われる日本人が積極的に海外旅行に行くというフラグは…意外と考えにくい選択肢だったようにも思います。学校教育で展開される英語教育は本当に文字と発音とニュアンスの一角を提示する程度の教育でしかない都合、コミュニケーションの側面で海外旅行を敬遠する傾向は…今も結構根強いように感じます。

ただ、世界から見ても習熟困難な日本語は…何故か昨今は日本人も習熟困難という事態になっているのですが。

昨今は、接客業に於ける意思疎通にまつわるトラブルが絶えないという話をよく聞きます。「言葉が理解できない」というわけではないのですが、「言葉のニュアンスが汲み取れない」という事態は定期的に発生しており、それによるトラブルは急増しているとまでいわれています。古典的な古語から現代的な口語に至る過程で何があったかは知る由も無いですが、言葉がどんどん簡略化が進み、意思疎通が乱暴になりつつあるのではないか…という一連の推測があります。また、略語や和製英語の乱立は日本語と英語の垣根をかき乱すには充分であり、日本語そのものが混沌とした言語と化しているのもツッコミに値する部分だと思います。「受け入れる姿勢が日本的」であるとすれば、「他国の言葉を受け入れる日本語は日本的」かもしれませんが…英語に対しての意識率が低い日本人にとっては、単純に間違った英語の習得に繋がる結構厄介な問題でもあったりします。自由奔放な言語観が日本語の日本的である所以なのでしょうが、自由が故に果てしなく終わりなき習熟が必要になる言語でもある次第で…今でも日本の日本人の日本語というものは「未知なる世界」に見えているのかもしれません。…もしかしたら「サムライ・ゲイシャ・ニンジャ」とかと同列なくらい未知世界というか。

そんな日本の日本語も、受け入れすぎて定期的に謎ワードを毎年の流行語に取り入れていたりして…日本語も昨今すっかりカオス感満点ぶりがうかがえるようになりました。日本語界隈は「4文字略語」とか大好きなので、長い長いライトノベルタイトルを4文字略するくらいに4文字縛りが好きで、「モリカケ・ナイカク・ソウジショク」くらいに言葉遊びが好きすぎて本来の意味がわりとどうでも良くなるような語呂合わせとかを意味も無く振りまくというアレな話があったり無かったりで…国内でも「これは何を意味する言葉なのか…?」というハテナマークはいつもどこかで発生しています。そもそも言葉遊びが好きな民族性は平安時代くらいから脈々と続いているといわれるくらいの日本人の血なので…昔と今の日本語の違いなども「ツッコミ禁止」みたいな部分だそうで。

その自由奔放な言語観ゆえに多様な言語観を受け入れてしまう日本語は…当の日本人すら「無意識に使う言語」という話であり、本当の日本語は…実は日本人すらも習得していないんじゃないかっていう仮説は実はあるんじゃないかって言う話。もしかしたら日本人は、世界でもっとも「何言ってるかわからない民族」なんじゃないかっていう…冗談デスヨネ?

外国人労働者たちの来訪によって日本語が忘れられてしまうのではないか? という話ですが、そもそも日本人の使っている日本語も本当の日本語かどうかはイマイチはっきりしておらず…日本で使われる日本語という言語があった、という存在そのものがガラパゴスな話がやがて伝説化する…という冗談の塊のような話。少なくとも昨今「年配者の仲間入り」を果たしつつある中の人もまた、「現代日本語」を駆使すると言われている若い世代の日本語が理解できないシーンがあったりなかったりするのでそろそろ学校教育の国語が死語教育になる日が来るような気がしてなりません。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link