Campaign Info

マネタイズがコンテンツを惑わせる

昨今のブログ界隈で「アフィリエイトの見直し」がひっそりと加熱している様相を呈しており、アフィリエイトのアプローチの見直しやSEO対策の路線変更、アドセンス系の見直しやコンテンツの再定義などのノウハウ本がひそかに重版になっているなんていう話題を耳にします。昨今のコンテンツ事情は「オンリーワン」で攻める方式がとりわけ注目を得ており、オーソリティ・サイト(その界隈の権威的な地位を得るサイト)を確立させる手法が多くのサイトマスターに注目される形になっていると言われています。すなわち「競合者の少ない界隈で地位を築き上げる」という戦略であり…昨今はアフィリエイト初期に注目されていた「ニッチサイト戦略」に回帰しつつも、そこに個性や独自性を織り込んだ「オーソリティ戦略」を加味させるといった手法が有用性があるとされ注目されているようです。

おおよそ10年ほど前のニッチサイト戦略に付加的な戦略性を持たせ、技術的な融合を経て最適化する…という手法はかれこれ10年くらいの間に大きく変化は無く、ワードプレスなどの恩恵からレスポンシブ対策もあり…サイトマスターはおおよそ「コンテンツ作成にのみ尽力できる環境が揃った」状態になりました。しかし、純粋なコンテンツのみのニッチ戦略は思いのほか困難を極め…昨今は再び「情報飽和によるサイト界隈の混沌化が著しい」と言われている側面が出てきていると聞きます。実際は飽和状態に陥るほどのサイト競合が発生しているようで、ニッチサイト戦略は逆に困難になりつつあるという話のようです。

AD Link

ワードプレスのレスポンシブデザイン・テーマの供給安定により、サイトのモバイルファースト化は大幅に加速される形となったと聞きます。とりあえずワードプレスを導入して適切なテーマを適用させるだけで機能的なサイト基礎が出来上がるという環境の確立は、SEO対策にも効果のある「即効性あるサイト基礎の構築」には大きく貢献する形になりました。これだけでも一定のSEO対策になってしまう都合、コンテンツの差別化は大きく求められる形になったと言います。これだけならサイトマスターの負担は「コンテンツの発掘と整理整頓」のみという話になり、サイトの構築は相応に進んでいく…はずだったのですが、実際にはSEO的にヒットしないデブリサイトになったり競合他者のサイトによって埋もれてしまうサイトが結構な比率で発生するという話が多く聞かれる形になってしまっているようです。

これだけ柔軟にコンテンツを組み立てられる環境が整ってもなおコンテンツ制作に於いて障害多き状況になっているか…というのが、どうも「マネタイズ」に関わる部分にいくつか潜んでいるという話がちょっとした興味材料になっています。

サイトの収益化の一角を担っているアフィリエイト広告ですが、「広告ありきのサイト構成」の組み立てが「本来のコンテンツの牽引力を削いでいる」という話に興味関心を抱いています。広告の多くは「永続的に展開予定の無いもの」が多く、広告効果や費用対効果によってはいつか撤退されてしまうものです。広告効果も宣伝効果も不安定要素を抱えつつも「集客にもマネタイズにもリーチが伸びないジャンル」というのは一定数存在しますし、広告効果を最優先してサイト構築してしまうとサイトそのものが折込広告のようにテンプレート化されてしまいオーソリティ戦略やSEO戦略的に凡庸なサイトに仕上がってしまうなどの特有の弊害もあるとか。「広告を前提にすることでコンテンツの幅が制限されてしまう」というのはやはり納得してしまう部分であると思うし、その方向性のサイトであれば競合多数を前提にした「折込広告としての徹底性」へと軸が向いてしまい…少なくとも色々な方向に於いて「迷走要素が増えてしまう」ようにも思ってしまいます。

それでも昨今の潮流はウェブサイトのマネタイズであり、収益性あるコンテンツの作成へと向いたままになっていると言われています。有益性あるサイトはやがて収益性に関連付けることは是とされるものと考えていますが、それは時間利便性と、それらを利用した第三者の回答の積み重ねによって体を成すものとも考えています。レビューなどと同義であり、コンテンツ及びサイト利便性などの総合的な評価は「利用する第三者」によって「勝手に形成されるもの」であり、形成には非常に長い時間とエネルギーを投じる必要があるものと考えています。昨今はSNS経由の「バズ」という概念があるものの…それそのものは極めて一過性のものであり、その機会を「モノにする」には相応の積み上げるモノが必要になってきます。

記事を広告と同期させるのは今なお手動によるリンク作成がまだまだ主流である都合、昨今は自動配信型のコンテンツが多くの注目を浴びるカタチとなり…昨今はアドセンスがその注目度を大きく伸ばす形になっていると言われています。ここ1年くらいでの「アドセンス教本」の発行数は結構あるといわれ…どの書籍も相応にして注目を浴びる形になっていると聞きます。また、他の配信サイトに於いても自動配信型広告は注目要素として熱量が注がれ、昨今は色々な自動配信型広告が使えるようになったとも言われています。ここで問題になってくるのが「過度の広告による表示阻害」の問題で、ポップアップ式の広告モジュールなどの「割り込み表示」が忌避材料としてネガティブな注目度を上げているともいわれ…色々な物議の材料になっているとかそうでないとか。

ここまで昨今の広告配信とその傾向の話だったのですが、そもそも「あなたはこの広告リンクをクリック(タップ)しますか?」という議論はどこかで過熱しているのでしょうか? おそらく広告戦略でしっかりした作戦が練り上がっているサイトはかなり多くあるものと推測されるのですが、その広告の配置やアプローチは「実際にクリックに至るような状態に仕上がっているか?」という根底にある問題については意外と議論が少ないように感じています。昨今はテーマやテンプレートがSEO的に大いに頑張ってくれているという背景の恩恵があるのですが、どんなに頑張っても広告が勿体ない状態というサイトは…わりと多いんじゃないだろうか? って思うことがしばしばあります。ここについては…技術的な話云々よりももっと議論していった方が良いのではないか? などと思うところの多い部分だったりしますが…

これらがすべて「トライ&エラー」で片付けられ…今後に結びつくのが理想なのでしょうが、現実問題として時間も熱量もメンテナンスにかかる技術的な要因も含めて不足している要素は多いモノと思われ…今後こういう話題に回帰してどんどんサイトの品質向上に繋がれば良いのですが、専業でやっているウェブクリエイターとかじゃない限り時間や労力の問題がネックになって難しいんじゃないか…などと色々に思うことはあってしまいます。私的見解としては「マネタイズがちらついていると色々迷走が捗ってしまう」というのが回答であり…まずは山のようなコンテンツ造成が大前提ならないとダメなのかなって思ったりそうでなかったり。初心忘るべからず、初心ちょお大事。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link