Campaign Info

カワイイを巡る生存戦略

このご時世に於いていろいろな罵詈雑言で叩かれている現状を抱えていても、ニッポンの「カワイイ・コンテンツ」は相変わらずの隆盛ぶりを見せており…その話題性から経済効果に至るまでに於いて衝撃を与え続けているという現実を内包している訳ですが。それでもメディアはオタクたちを好き放題吊し上げ、規制団体は相変わらず規制強化への道筋を形成しようとする…その背景にあるのは率直な嫌悪であり蔑視姿勢であり差別的感情なのですが、今日に於いてもメディアは「オタクは危険因子」などとでっち上げた煽動でもってサンドバッグにしようと躍起になっている次第であり…どの口がクールジャパンなどとほざくのかと小一時間問い詰めたい気持ちになってしまいます。

相変わらず「主観の暴力」によりオタクコンテンツは叩かれつつある現状を抱えていますが、なぜ「カワイイを主張する風潮が叩かれる必要があるのだろうか?」という疑問は未だに解決される様子がありません。それが作品的にも地域経済的にも成功している事例が複数あったりするのですが、認めようとしない一団は必ずと言って良いほど一定数が存在し…作品や作品の表現に対して執拗にバッシングを繰り返すという構図が続いていますが、多様性の全否定どころか思春期特有の性的感情の表現の拒絶であり、極論で突き詰めれば性的欲求や感情の否定であり…彼らはどの世界線を生きてきたのかと聞いてみたくなってしまうくらいです。

AD Link

「カワイイを表現するコンテンツ」はその分野やジャンルにとらわれること無く多方面に存在する、ごく一般的なコンテンツジャンルのひとつである…はずなのですが、その表現の多くはセンシティブと言われ自制と制約が常につきまとうという問題を内包しています。しかし、社会倫理的としてそれは認める部分でもあり、表現については多くの表現者がそのあたりの距離感を考えながら展開していると聞き、センシティブな表現を伴うものにはゾーニングが求められる…など、それらは多様なアプローチでもってバランスを得ているはずだというのが一般認識です。そもそもそれらを強く規制する理由というモノは無かったはずであり、これらの規制対策そのものが「自主規制」に依る自発的な規制に起因するものなのですが…昨今はその「仕分けられた空間が侵略される」などと揶揄される事態が発生しているとか。

「カワイイは性的コンテンツか?」といわれれば…確かに「性的魅力の表現」であり「性的といわざるを得ない」部分でもありますが、そもそも何故そこまで執拗に追求される必要があるのか? という疑問は残ります。むしろその執拗さに於いては「逆に差別的な思考ではないか?」と疑いたくなるような発言なども見られ…主観と偏見が渦巻いているようにもうかがえる次第であり、今なお表現の分野に於いて悔恨を残す確執となっている部分でもあります。

ここまで来るともはやその潮流は「魔女裁判」のようなものであり、「性の蔑視と偏見」以外の何物でも無くなってしまいそうなのですが…「性の蔑視論」についてはほぼ語られることは無く、「性的搾取」とか「犯罪予備行為」などとレッテルを貼られ、更なる規制強化への足がかりにされる始末。表現コンテンツを殺すだけでは飽き足らず、表現に対しての思考や感性への攻撃的行為…ひいては性欲に起因する性的感情の否定など、おおよそ考えられる性の存在そのものの否定に至るその発想と行動は理解を超越した無理解の極地のようにも見えます。あなたの性別はなんなのかとか、そういう話。

そもそもこの「カワイイを巡る表現に纏わる問題」そのものが日本特有のローカルな問題であり、国際的な基準に当てはめるのが困難なデリケートな問題なのですが…その国際的な基準を盾にして「国際基準準拠であればこの表現は常軌を逸している」というのが何故か彼らの常套句となっているようですが、その根拠はそもそもどこにも無かったりするし、文化や価値観の多様性を鑑みるのであれば「その発想そのものが常軌を逸している」ことになるのですが…今日も規制強化戦線が相変わらず膠着状態という事態が続いている次第であり、何が悲しくて「カワイイは憎悪対象なのか?」という疑問符が尽きない日々が続いている次第です。どう見ても逆恨みの類ですが、彼らは思春期特有の性的感情を否定したくて仕方ないようなので表現関係の界隈は本当に混乱状態が続いている次第です。

「ニッポンのカワイイ・コンテンツ」に縁のある方は本当に大変なフィールドで活動しているんだろうな…と心中察する部分が規制推進団体やマスメディアの主観論に向けられていたというのはやはりアレな話ですが、日本特有の柔軟かつ幅広い表現の可能性が日本特有の偏見によって叩かれているという現状は…やはり表現の分野に関わっている人間の発想からすると「理不尽極まりない」話であり、改めて表現関係者の苦労を察する部分になってしまっています。世の中には「カワイイは正義!」なんていうキャッチコピーがありますが、まるで「反カワイイ派による悪の秘密結社」みたいな表現規制団体は何なんだろうなっていう気持ちになってモヤモヤします…。表現と規制の界隈は、何と戦っているのか?

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

彼方みこ

Author:彼方みこ

What is Scahcheck ?

Scancheckは、日々のニュースや話題などについての感想や考察を綴っていくというコンセプトのニュース観測ブログです。気になった話題や情報について、中の人の思ったことをストレートに書き綴っていくスタイルの感想系ニュースブログです。

最新記事

AD Link